トップページ

ピアスの穴について考える

初めてピアスの穴を開けた時に自宅の消毒液で消毒してはいけないと指導する場合があります。
穴は体的には傷口と同じで肌が弱い体質でなければ下手に消毒して必要な菌を殺すよりも清潔に保つ事が重要になります。
気になるようなら専用の消毒液を使うなどして工夫します。
穴を開けて、落ち着いてきたらピアスを動かして皮膚と癒着しないように注意します。
膿むかどうかは体質や清潔にしていたかによりますので左右同じとは限らず片側だけ膿む場合もあります。
素材によっては消毒液や石鹸などの薬剤で変質するタイプもありますので購入する際に注意します。
ピアスを付けたまま放置すると寝たりスポーツした際に曲がったりして取りにくくなる可能性が高いので、激しい動きをしたり寝る時には外した方がベストで髪の毛を染める際にも外すように心掛けます。
金属アレルギーが心配な人は表面的な素材だけでなくメッキなども注意し、アレルギーを起こしにくい金や白金・ステンレス・プラチナなどを使用します。
普段つけている分には平気でも汗でアレルギーを起こす場合もあり、アレルギー反応が出たら直ぐに外して診察します。
どんな金属でもアレルギーを起こさないと言い切れないので非金属のものを選ぶのも良いです。

ピアスの金属アレルギーについて

ピアスは体の一部、特に耳・唇・臍などに特殊な消毒した道具を使用して穴を開けて、穴に入れる専用のアクセサリーを指します。
人間には幾つかのアレルギーがあり、多くは花粉・卵等の食べ物・金属・昆虫・動物などがあります。
ピアスにおいて問題視されるのは金属アレルギーで、発疹や痒み・膿などが発生します。
アレルギーを起こしやすい金属はニッケル・銅・亜鉛・コバルトなどですが安価なアクセサリーには金メッキの下地にニッケルメッキを施す場合があり、金の定着が良くなる理由で使用されますがアレルギーの原因になる可能性が高いので金メッキを行った物はニッケルメッキを施しているか確認します。
アレルギーを起こしにくい金属もあり白金・医療用ステンレス・金・銀・ジルコニウム・プラチナなどで全く起きない訳ではありませんが気になる方はファーストピアスはアレルギーを起こしにくい素材で注意するとベストです。
金属全般心配な方は非金属素材のプラスチックなどの樹脂や象牙・木製などの素材を使用します。
自然素材なら安心でもなく木材など植物素材はカブレたり白樺などアレルギーを引き起こす物もありますので事前に自分の体質やアレルギー反応をチェックしておきます。

Favorite

カタログギフトを通販で贈呈
http://www.giftland-ai.com/
リラクゼーション 大阪
http://www.spa-mouton.jp/
フォトスタジオを福岡で探す
http://gratzzz.com/

Last update:2017/4/24